メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

クジラ竜田揚げ 「さっぱりしておいしかった」 女川町が小・中学校で /宮城

 かつて町の産業を支えた捕鯨の歴史を学び、クジラの食文化を引き継ごうと、女川町は28日、町立女川小、中学校の給食でクジラの竜田揚げを振る舞った。鯨肉は調査捕鯨で得られた副産物で、政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退決定に伴い商業捕鯨再開も見込まれ、鯨肉が再び一般的になる可能性もある。子供たちは昔は給食の定番だった鯨肉を、珍しそうに味わった。

 町によると、水産加工会社の日本水産(ニッスイ)が1950年に町内に事業所を設立。捕鯨船18隻で年間…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文568文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです