メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

もっと沖縄に関心持とう

 沖縄県宜野湾市にあるアメリカ軍の普天間飛行場を、同じ沖縄県の名護市辺野古地区に移す計画が大きく動き始めました。辺野古沿岸部に土砂を投入して、基地を造るための埋め立て工事が始まったのは、ご存じの人が多いでしょう。

 沖縄県の多くの人が反対する中での工事スタートです。移設を進める安倍晋三総理大臣(首相)ら政府は、やはり強引過ぎると思います。

 普天間飛行場の移設が日本とアメリカの間で合意されたのは1996年です。基地は市街地にあり、元々何か事故が起きたら大変な事態になると心配されてきました。だから沖縄の人たちにとって移設は歓迎することでした。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです