メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいどさん

音符一つ /石川

 ♪幸福の青い鳥 青い小鳥がとんできた 遠い国からはるばると--

 幼い少女かと思えるほど無邪気な声だった。歌の主は金沢市の升田コユキさん(83)。電話の向こうで披露してくれた。だが升田さんには1カ所だけ思い出せない音があった。

 1948年、「奇跡の人」ヘレン・ケラーが、11年ぶりに金沢に来た。当時、ケラー歓迎のために全国で歌われたのが、公募曲「幸福の青い鳥」だ。講演を聴いた升田さんは「めだ…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです