渇水

瀬切れ、取水制限も 県内、続く /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内では昨年10月から降水量が少ない状況が続き、複数の河川で渇水の影響が出ている。安倍川では河川の流れが途切れる「瀬切れ」が静岡市内で約7キロにわたり発生。大井川と天竜川では上水道や農業・工業用水で取水制限が始まる事態となっている。【島田信幸】

 国土交通省中部地方整備局によると、今月の降雨量(24日現在)は、安倍川上流の観測所で4ミリ(平年の約5%)▽大井川上流の観測所で0ミリ▽天竜川下流の観測所で8ミリ(同約12%)。3河川とも昨年10月以降、降雨量が平年比30~50%の月もあり、少雨の状態が続いている。同局は各河川事務所などに渇水対策支部を設置し、河川の状況を監視してい…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

あわせて読みたい

注目の特集