メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

大統領巡り応酬 米「現政権 正統性なし」 イラン「米の違法介入」

 南米ベネズエラの混乱を巡り、国際社会の反応が割れている。米国をはじめとする西側諸国は野党出身のグアイド国会議長の暫定大統領就任を支持する一方で、米国と敵対するイランなどがマドゥロ政権支持を表明。非難の応酬も展開している。

 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は27日、南米ベネズエラを巡り、暫定大統領就任を宣言した野党出身のグアイド国会議長や米外交官への暴力や脅迫に「厳正に対処する」と自身…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです