メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

旧大蔵省や公取委との関わり みずほ信託銀行社長・飯盛徹夫さん

富士銀行湘南台駅東口出張所(当時)の店舗外ATM設置に際し、テープカットに立ち会う飯盛徹夫社長(右)=神奈川県藤沢市で1992年4月、提供写真

やがて自分の血肉に

 富士銀行に入行後、支店で大企業や中小企業を担当し、自分では一人前になったと感じていたところで本部の業務企画部店舗係に異動になりました。1989年の10月です。

 バブル景気のまっただ中、銀行の店舗をいかに増やすかが経営課題の一つでした。当時は出店に厳しい規制があり、認可権限を持つ大蔵(現財務)省との交渉は必須で、公正取引委員会への届け出も時には必要でした。しかし上司から「役所に行ってこい」と言われても、行って何をしていいのかわかりません。嫌になって辞めたくなることもありました。

 それでも1年ぐらいが過ぎ、買収した地方の中小金融機関の店舗再編に携わるなど仕事に慣れてきたころのこ…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです