ぼうこうがん

化学工場で発症 5人、労災申請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ウレタン防水材などの原料に使われ、発がん性が指摘されている化学物質「MOCA(モカ)」を仕事で取り扱っていた労働者ら17人がぼうこうがんを発症した問題で、このうち5人が労災申請していたことが、厚生労働省への取材で判明した。同省は作業状況の確認を進めるなど、仕事と病気の因果関係を慎重に調べている。

 厚労省の昨年10月の集計では、全国7カ…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文308文字)

あわせて読みたい

注目の特集