メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-佐藤康光九段 第32局の1

じっくりした展開

 7回戦2局目。挑戦争いは広瀬章人竜王、豊島将之王位、羽生善治九段の3人に絞られている。3勝3敗の佐藤は残留が決まり、2勝4敗の稲葉は本局に勝つと残留決定。その場合、阿久津主税八段の降級が決まる。

 10日、関西将棋会館には正月の余韻が残っていた。入り口には門松、対局室の御上段の間には松やラン、黄梅などの豪華な生け花が飾られている。本局の隣では、B級1組11回戦の渡辺明棋王-畠山鎮七段戦が行われていた。渡辺棋王は負けなしですでにA級復帰を決めている。

 午前10時、記録係が対局開始を告げる。稲葉は目をつぶり、1分弱で[先]2六歩と突いた。佐藤も目をつ…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです