メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

オイルでお手入れ 乾燥、冷えに美容効果も

オイルファーマシーで扱っている数百種類の商品からオイルソムリエのAKIさんが勧めてくれた食用油=東京都港区で

 太る、ニキビの元になるといった悪い印象を持たれがちな油分。しかし良質な油を適量摂取すれば美容効果も期待できるという。乾燥や冷えが気になる季節、オイルマッサージは一石二鳥の対策だ。オイルの選び方や使い方を専門店で聞いた。

 「脂質は体の細胞を守る膜に使われる。強い細胞を作るには良質な油が欠かせない」と話すのは、数百種類の商品を扱う「オイルファーマシー」(東京都港区)のオイルソムリエ、AKIさん。脂質は常温で固形の飽和脂肪酸と液状の不飽和脂肪酸に分かれ、不飽和脂肪酸には主にオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の3種類がある。

 限られた食材からしか取れないため積極的に補いたいのは、αリノレン酸を含むオメガ3系の油だ。「αリノレン酸は血液をサラサラにし血行を促進するので、冷えやくすみの改善につながる」。逆に加工食品などに広く使われているオメガ6系の油は取りすぎると、アトピーや花粉症といったアレルギー性の炎症や疾患を引き起こす可能性も。αリノレン酸はそうした炎症を抑える作用があるとされる。

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです