メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1 進むビッグクラブ化 豊富な資金、手厚い補強

新加入選手発表会でサポーターとハイタッチする(左から)ビジャ、西、山口=小松雄介撮影

 2019年シーズンの戦いに向け、サッカーJリーグの各クラブの新体制が発表されている。神戸は元スペイン代表FWビジャ、日本代表で活躍するMF山口ら大物の獲得を続ける。J1を連覇した川崎も優勝で得た豊富な資金を背景に手厚い補強に取り組む。Jリーグが目指すビッグクラブ創出構想は実現しつつあるのか。注目されるJ1クラブの補強の動向を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2191文字(全文2360文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです