メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1 進むビッグクラブ化 豊富な資金、手厚い補強

新加入選手発表会でサポーターとハイタッチする(左から)ビジャ、西、山口=小松雄介撮影

 2019年シーズンの戦いに向け、サッカーJリーグの各クラブの新体制が発表されている。神戸は元スペイン代表FWビジャ、日本代表で活躍するMF山口ら大物の獲得を続ける。J1を連覇した川崎も優勝で得た豊富な資金を背景に手厚い補強に取り組む。Jリーグが目指すビッグクラブ創出構想は実現しつつあるのか。注目されるJ1クラブの補強の動向を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2191文字(全文2360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです