大相撲

「稀勢と歩んだ2年間」 横審・北村委員長が退任

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
横綱審議委員会終了後、記者の質問に答える北村正任委員長(中央)と新委員長の矢野弘典委員(左)=佐々木順一撮影
横綱審議委員会終了後、記者の質問に答える北村正任委員長(中央)と新委員長の矢野弘典委員(左)=佐々木順一撮影

 大相撲の横綱審議委員会(横審)が28日、東京・両国国技館で開かれた。同日付で退任する北村正任(まさとう)委員長(毎日新聞社名誉顧問)は記者会見で、引退した横綱・稀勢の里(現荒磯親方)にふれ、「稀勢の里とともに歩んだ2年間だった」と任期を振り返った。

 北村委員長は、稀勢の里を横綱に推薦することを決めた2017年初場所後の横審で選任された。横審は昨年の九州場所を途中休場した稀勢の里に対して、奮起を促す「激励」を史…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集