メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

障害ないのに不妊手術 「第1子障害理由」 熊本の女性提訴へ

 旧優生保護法下で第1子の障害を理由に第2子の人工妊娠中絶と不妊手術を強制されたとして、熊本県内に住む72歳の女性が29日、国に損害賠償を求めて熊本地裁へ提訴する。女性は障害があると診断されたことはなく、弁護団は女性の子どもに障害があったことが手術の理由だったと主張する。障害がなくて不妊手術を受けた例はあるが、子どもの障害を理由とした不妊手術は極めて異例とみられる。

 弁護団によると、女性は20代で妊娠した際、医師から「第1子に障害がある。子どもはまともに育たない」…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです