メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害ないのに不妊手術 「第1子障害理由」 熊本の女性提訴へ

 旧優生保護法下で第1子の障害を理由に第2子の人工妊娠中絶と不妊手術を強制されたとして、熊本県内に住む72歳の女性が29日、国に損害賠償を求めて熊本地裁へ提訴する。女性は障害があると診断されたことはなく、弁護団は女性の子どもに障害があったことが手術の理由だったと主張する。障害がなくて不妊手術を受けた例はあるが、子どもの障害を理由とした不妊手術は極めて異例とみられる。

 弁護団によると、女性は20代で妊娠した際、医師から「第1子に障害がある。子どもはまともに育たない」と中絶を勧められ、中絶手術と卵管を結紮(けっさつ)する不妊手術を同時に受けた。旧法は「不良な子孫の出生防止」を目的に障害者らに不妊手術を強いたが、女性は障害があると診断されたことはなかったという。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです