メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

関西、スパイスカレー道 ブーム超え地域文化に

ボタのナスカレー。スパイスカレー店に多い合いがけではなく、カレーがライスと別に盛られている=大阪市中央区で、猪飼健史撮影

 昨今、グルメ雑誌やテレビ番組で盛んに特集されているスパイスカレー。主に市販のルーで味付けする家のカレーとは異なり、店独自の調合で複数のスパイスを調合したカレーを指す。全国的な広がりを見せる中、関西カルチャーの象徴という声が聞こえてきた。それはどういう意味なのか。昨年末に刊行された「関西のスパイスカレーのつくりかた」(eoグルメ編集部制作監修、LLCインセクツ発行、1728円)を手に、2軒を訪ねてみた。【岸桂子】

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです