メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

関西、スパイスカレー道 ブーム超え地域文化に

ボタのナスカレー。スパイスカレー店に多い合いがけではなく、カレーがライスと別に盛られている=大阪市中央区で、猪飼健史撮影

 昨今、グルメ雑誌やテレビ番組で盛んに特集されているスパイスカレー。主に市販のルーで味付けする家のカレーとは異なり、店独自の調合で複数のスパイスを調合したカレーを指す。全国的な広がりを見せる中、関西カルチャーの象徴という声が聞こえてきた。それはどういう意味なのか。昨年末に刊行された「関西のスパイスカレーのつくりかた」(eoグルメ編集部制作監修、LLCインセクツ発行、1728円)を手に、2軒を訪ねてみた。【岸桂子】

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです