メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

関西、スパイスカレー道 ブーム超え地域文化に

ボタのナスカレー。スパイスカレー店に多い合いがけではなく、カレーがライスと別に盛られている=大阪市中央区で、猪飼健史撮影

 昨今、グルメ雑誌やテレビ番組で盛んに特集されているスパイスカレー。主に市販のルーで味付けする家のカレーとは異なり、店独自の調合で複数のスパイスを調合したカレーを指す。全国的な広がりを見せる中、関西カルチャーの象徴という声が聞こえてきた。それはどういう意味なのか。昨年末に刊行された「関西のスパイスカレーのつくりかた」(eoグルメ編集部制作監修、LLCインセクツ発行、1728円)を手に、2軒を訪ねてみた。【岸桂子】

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです