メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尿路結石

予防や治療に光!? 名古屋市大、原因たんぱく質発見

 名古屋市立大大学院医学研究科の岡田淳志准教授(泌尿器科)らの研究グループが、激痛を伴う尿路結石患者には濃度の低いたんぱく質があることを発見した。尿路結石は日本人の10人に1人が発症するとされ、このたんぱく質を指標(マーカー)にした診断方法のほか従来の手術や排石によらない投薬による治療法が期待される。日本腎臓学会の学会誌に掲載された。

 尿路結石は腎臓でできた石がぼうこうや尿管などに詰まる病気。食生活の欧米化に伴い増加し、男性の発症率…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです