会見で「事務方に」連発の厚労相 省内には「審議乗り切れるか…」と不安の声も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院本会議で厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題について答弁する根本匠厚生労働相=国会内で2019年1月29日、川田雅浩撮影
参院本会議で厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題について答弁する根本匠厚生労働相=国会内で2019年1月29日、川田雅浩撮影

 根本匠厚生労働相は29日の閣議後の記者会見で、統計不正問題に関する質問に「事務方に聞いて」との回答を5回繰り返した。その事務方からは「そもそも内容が頭に入っていないのかもしれない」と危惧する声も漏れる。

20分弱で5回も連発

 会見は20分弱で、質疑は統計不正問題に集中した。特別監察委員会の外部有識者による聞き取りに同席した厚労省幹部が調査対象者に質問をしていたかを問われると、根本氏は…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集