メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物流コスト増に米中貿易摩擦が追い打ち 大型ペット飲料値上げ相次ぐ

今春値上げされる主な清涼飲料水

 今春から大型ペットボトル入り飲料の値上げに踏み切る清涼飲料メーカーが相次いでいる。物流費の高騰に加え、米中貿易摩擦の余波で段ボールの原料となる古紙が品薄になったのが原因。これまで1.5リットル以上の大型ボトルは割安な価格設定をしてきたが、コスト増を吸収しきれなくなった。

 業界最大手のコカ・コーラボトラーズジャパンが今月8日、1.5リットル以上の大型ペットボトル入り「コカ・コーラ」などを4月出荷分から20円値上げすると発表。サントリー食品インターナショナルやアサヒ飲料、キリンビバレッジが追随し、主に1.5~2リットルのペットボトル飲料を対象に希望小売価格(税抜き)を20円上げる。

 値上げの背景には、ネット通販の急拡大やトラック運転手の人手不足などによる物流費の上昇がある。さらに…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです