メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ECサイト出店7割が「容易にやめられず」 大手3社に利用集中 公取委調査

 公正取引委員会は29日、インターネット通販の取引実態に関する調査結果を公表した。アマゾン・コム、楽天、ヤフーの大手3電子商取引(EC)サイトに利用が集中し、販売を「容易には取りやめられない」と答えた小売業者が7割に上った。公取委は3社が取引で優位に立ちやすいとみて、独占禁止法で禁じられた「優越的地位の乱用」とならないよう注意を呼びかけていく。

 調査は昨年、小売業者・メーカー計1208社と消費者2000人を対象に実施。ECサイトで商品を販売している小売業者に出店先(複数回答)を尋ねたところ、上位3サイトが5~7割を占め、4位以下は1割以下にとどまった。出店先を選んだ理由(複数回答)は「ユーザー(消費者)の数が多い」が77%だった。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです