メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田、自殺率ワースト脱却 過去最少206人

会議で担当者の話に耳を傾ける佐竹敬久知事(左端)=秋田県庁で、2019年1月28日、川口峻撮影

 秋田県自殺予防対策推進会議が28日、県庁であり、2017年まで3年連続で全国最悪だった自殺死亡率が昨年は42位と改善されたことが分かった。また県内の自殺者数は前年比で39人少なく過去最少の206人だった。

 県警によると、男女の内訳は男性141人(前年比32人減)、女性65人(同7人減)。年代別では60代が39人(同14人減)と最も多かった。40代が同17人減(24人)、20代以下の若年層が同5人減(17人)など、各年代で減少してい…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです