メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鯨肉「竜田揚げ」給食に 捕鯨の歴史学ぶ 宮城・女川

クジラの竜田揚げをほおばる児童ら=宮城県女川町の女川小で2019年1月28日、百武信幸撮影

 かつて町の産業を支えた捕鯨の歴史を学び、クジラの食文化を引き継ごうと、宮城県女川町は28日、町立女川小、中学校の給食でクジラの竜田揚げを振る舞った。鯨肉は調査捕鯨で得られた副産物で、政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退決定に伴い商業捕鯨再開も見込まれ、鯨肉が再び一般的になる可能性もある。子供たちは昔は給食の定番だった鯨肉を、珍しそうに味わった。

 町によると、水産加工会社の日本水産(ニッスイ)が1950年に町内に事業所を設立。捕鯨船18隻で年間200~300頭が女川港に水揚げされ、鯨肉や歯やヒゲ、油などの加工産業が町の経済を支え、家庭の食卓や学校給食でも親しまれていた。だがクジラの頭数減もあり、76年に事業所が閉鎖された。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  2. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです