メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永井豪記念館「アニメ聖地」に 出身の輪島、2年連続認定

認定プレートを掲げる輪島市の坂口茂副市長(左)とアニメツーリズム協会の鈴木則道専務理事(奥はマジンガーZ(C)Go Nagai/Dynamic Production 2019)=石川県輪島市河井町で

 石川県輪島市河井町の永井豪記念館が、一般社団法人「アニメツーリズム協会」(東京都千代田区、富野由悠季会長)が実施する2019年版の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選ばれた。県内では唯一、2年連続の選定。28日に同館で認定プレートなどの贈呈式が行われた。

     同協会は、アニメの舞台などになっている国内の各地域を観光に生かし、新たな経済効果を生み出すことを目的に16年9月に設立された。アニメ制作会社や旅行会社で構成される。

     「アニメ聖地88」は、国内外のアニメファンによるインターネット投票に基づき、作品の舞台になった地域やゆかりの施設を選定する。18年版に続き2回目となる19年版には、昨年6~8月の3カ月間で約3万件の投票があり、88作品(135カ所)が選ばれた。

     輪島市は「マジンガーZ」「デビルマン」などで知られる漫画家・永井豪さんの出身地。09年開館の記念館には、永井さんが生み出したキャラクターのフィギュアやパネルが展示されており、多くのアニメファンが訪れている。

     式では、同協会の鈴木則道・専務理事が輪島市の坂口茂副市長に認定プレート(縦42センチ、横29・7センチ)を贈呈。アニメ聖地を巡るファンが、同館で自由に押せる協会公認のスタンプも手渡した。坂口副市長は「クールジャパンの代名詞とされるアニメの力を借りることで、海外からの観光客にも輪島に足を運んでもらえれば」と期待した。

     19年版では県内から他に、アニメ「花咲くいろは」の舞台・湯涌温泉(金沢市)が選ばれた。【石川将来】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
    4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
    5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです