メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪合戦の国際大会 77人が熱戦 初代王者は上海チーム 群馬・みなかみ

雪合戦の参加者たち=みなかみ町藤原の水上高原ホテル200で、2019年1月28日、西銘研志郎撮影

 雪になじみの薄い国の人たちに日本の冬の魅力を知ってもらおうと「雪合戦 Asia Cup in みなかみ」(実行委員会主催)が28日、群馬県みなかみ町藤原の水上高原ホテル200で開かれた。東南アジアを中心とした八つの国と地域の観光客ら77人が参加し、氷点下2度前後の寒さの中、全身で雪合戦を堪能した。冬場は訪日観光客が減るため、企画した大手旅行会社のJTBとみなかみ町は今後、雪合戦を通じて集客を狙う。【西銘研志郎】

 このイベントは、JTBが、「東京からほど近く良質な雪が見込める」として、みなかみ町観光協会に依頼し…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです