漫画家の唐々煙さんが大津市観光大使に 「曇天に笑う」で人気

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
唐々煙さんへの委嘱状を手にする越直美市長。後ろは「曇天に笑う」登場人物のイラスト=大津市役所で2019年1月29日、成松秋穂撮影
唐々煙さんへの委嘱状を手にする越直美市長。後ろは「曇天に笑う」登場人物のイラスト=大津市役所で2019年1月29日、成松秋穂撮影

 大津市は29日、昨年実写映画化された人気漫画「曇天に笑う」の作者で同市出身の漫画家、唐々煙(からからけむり)さんを「びわ湖大津ふるさと観光大使」に任命した。市役所で委嘱状や名刺を受け取った唐々煙さんは「大津の良いところを、自分なりに発信していきたい」と抱負を述べた。

 唐々煙さんの代表作「曇天に笑う」は、明治維新後の琵琶湖を舞台にしたファンタジー作品で、アニメや舞台にもなった。現在…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集