顔認証で搭乗客の乗り遅れ防止 中部空港で世界初の実証実験スタート

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
保安検査場通過時に顔データが登録されるシステムのデモンストレーション=愛知県常滑市の中部空港で2019年1月29日、黒尾透撮影
保安検査場通過時に顔データが登録されるシステムのデモンストレーション=愛知県常滑市の中部空港で2019年1月29日、黒尾透撮影

 中部空港で29日、顔認証技術を使って空港内のカメラで乗り遅れそうな乗客を探し、飛行機の出発遅れを抑制する新システムが発表された。乗客が定刻に間に合わなければ、5分以内に預かった荷物を飛行機から降ろす。10月に希望する乗客を交えた実証試験をして、2020年東京五輪前の実用化を目指す。

 産業用機器製造のデンソーウェーブ(愛知県阿久比町)や埼玉大などが開発し、昨年12月と今月に基礎試験を行った。こ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

ニュース特集