メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔認証で搭乗客の乗り遅れ防止 中部空港で世界初の実証実験スタート

保安検査場通過時に顔データが登録されるシステムのデモンストレーション=愛知県常滑市の中部空港で2019年1月29日、黒尾透撮影

 中部空港で29日、顔認証技術を使って空港内のカメラで乗り遅れそうな乗客を探し、飛行機の出発遅れを抑制する新システムが発表された。乗客が定刻に間に合わなければ、5分以内に預かった荷物を飛行機から降ろす。10月に希望する乗客を交えた実証試験をして、2020年東京五輪前の実用化を目指す。

     産業用機器製造のデンソーウェーブ(愛知県阿久比町)や埼玉大などが開発し、昨年12月と今月に基礎試験を行った。こうしたシステムは世界初という。

    デモンストレーションで搭乗口係員の端末に表示された乗客の位置情報=愛知県常滑市の中部空港で2019年1月29日、黒尾透撮影

     乗客は荷物を預ける時か保安検査場通過時にパスポートか顔の画像を登録し、荷物に電子タグを取り付ける。顔データと保安区域内のカメラにより、搭乗口係員の端末に乗客の位置情報が示される。乗客が見つからなければ、電子タグを頼りに積み込んだ荷物を降ろす。これまでは荷物を探して降ろすのに15~40分かかったという。

     同社は「1人の遅れが乗り継ぎ便にも影響し、遅れを取り戻そうと燃料消費も増える」とする。乗客のプライバシーが問題になりそうだが、同社は「遅れた乗客限定で端末に表示するなど、何らかの方法で配慮したい。顔データも出発12時間後に消去する」と説明している。【黒尾透】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
    2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
    4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです