メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

歯が生えるとき、歯ぐきを突き破るのに痛みを感じないのはなぜ?

永久歯に生え変わる仕組みの図
生え変わる歯

 Q えるとき、ぐきをやぶるのにいたみをかんじないのはなぜ?(東京都練馬区とうきょうとねりまくしょう5)

    細胞さいぼうのおかげ? まだかっていない

     A 日本にっぽん歯科大学しかだいがく教授きょうじゅ菊池きくち憲一郎けんいちろうさんは「おもしろいところにけましたね」と感心かんしんしていましたが、「じつはよくかっていないのです」とこたえてくれました。いたみはひとによってかんかたちがううえ、いたみをかんじるかどうかは本人ほんにんにしかかりません。実験じっけんするのもむずかしいので、からないのだそうです。

     編集部へんしゅうぶせられたはがきには、質問しつもんとともに「けるのあたりの、ぐきの神経細胞しんけいさいぼう破壊はかいされ、いたみをかんじなくなるのではないかとかんがえました」という予想よそういてありました。「おそらく正解せいかいです」と菊池きくちさん。現在げんざい、いくつかのせつがあり、一番いちばん有力ゆうりょくなのが、これなのだそうです。

     わるときは、乳歯にゅうしどもの)のしたほねなかから永久歯えいきゅうし大人おとな)がてきます。このとき、「細胞さいぼう」(こつ細胞さいぼうともばれます)がてきて、ほね乳歯にゅうしっこ、いたみをかんじる神経しんけいべて、永久歯えいきゅうしてくるための通路つうろつくります。このため、いたみをかんじにくいとされています。

     通常つうじょうぐきのうええているところよりも、ぐきのなかやあごのほねまってえない部分ぶぶんほうが、ながくなっています=写真しゃしん<左>(ひだり)。しかし、みなさんもたことがあるとおもいますが、わってけた乳歯にゅうしは、っこの部分ぶぶんがほとんどなくなっています=写真しゃしんみぎ>。これは、細胞さいぼうが、っこの部分ぶぶんかしてしまったからなのです。

     永久歯えいきゅうしは、すべてが乳歯にゅうしわるわけではありません。「ろくさい臼歯きゅうし」とばれる奥歯おくばは、5、6さいごろにはじめてえてくる永久歯えいきゅうしですが、もともと乳歯にゅうしがないところに、細胞さいぼうなしでえてきます。しかし、それほどいたみをかんじることがなく、本人ほんにん気付きづかないうちにてきます。

     これは、ぐきのにくすこしずつげてえるときに、にく組織そしき圧迫あっぱくされてんでいき、いたみをかんじなくなるのではないかとかんがえられています。

     あかちゃんにえるときも、細胞さいぼう関係かんけいしません。生後せいご6かげつくらいの、乳歯にゅうしはじめるころのあかちゃんは、むずかっていたりすることがあります。菊池きくちさんは「あかちゃんにくことはできませんが、もしかしたら、えてくるのがいたいからなのかもしれませんね」とはなしています。【大井明子おおいあきこ】<え・内山大助>

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
    2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
    3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
    4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
    5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです