メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(3)連続幼女誘拐殺人事件 大展開の報道、被害者側への配慮欠く

実況見分に立ち会う宮崎勤・元死刑囚=1989年8月20日撮影

 平成元年、1989年8月に発覚した連続幼女誘拐殺人事件は、1カ月以上も新聞各紙の1面、社会面、テレビのニュース枠を占拠する大展開の報道になりました。捜査の進展を同時進行で報じることは、結果として幼女たちがどのような残虐な仕打ちをされたかを詳細に伝えることにつながります。何をどこまで報じるのか、報道の現場は、それぞれに悩み、被害者の名誉や遺族の気持ちについて配慮を重ねていました。しかし、過去にないような報道の量に、その配慮が十分とは言えない面もありました。

 事件を振り返ります。宮崎勤・元死刑囚が幼女の殺害を自供したことが明らかになったのは8月10日のこと…

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文2522文字)

小川一

1958年生まれ。1981年に毎日新聞社入社。社会部で事件取材を長く担当。社会部長、編集編成局長、取締役・編集編成担当などを経て18年6月から毎日新聞グループホールディングス取締役。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  5. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです