「単独親権制度は憲法違反」 異例の裁判、最高裁の判断に注目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
単独親権制度の違憲性を裁判で問う男性=東京都内で2018年12月26日、高橋祐貴撮影
単独親権制度の違憲性を裁判で問う男性=東京都内で2018年12月26日、高橋祐貴撮影

法相は制度見直し言及 虐待防止のため慎重論も

 離婚した父母のどちらかのみが親権を持つ「単独親権制度」について、「親子間の断絶を生む」などとして憲法違反を訴える異例の裁判が最高裁まで争われている。欧米などでは双方が親権を持つ「共同親権制度」が主流で、法相は制度の見直しに言及。一方で虐待防止などの観点から慎重論も根強く、司法判断が注目されている。

 「血のつながった親子なのに、親権がないと何もできない」。東京都に住む40代の男性会社員はそう訴える。

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1627文字)

あわせて読みたい

注目の特集