メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志ん生と「あの時代」

(2) 「彦六の正蔵」 木久扇が語り継ぐトンガリ、一徹

真打ちは最後に登場し、ロウソクの芯を打つ(切る)のが語源とも言われる。江戸の寄席再現でロウソクの芯を打つ八代目正蔵=1975年

 林家正蔵の名を聞けば、当代、九代目を頭に浮かべる人が、今では多数に違いない。石原プロの協力で落語界では異例の大規模イベントが東京・浅草で開かれた2005年春の襲名から今年で14年。一門の師匠として、そして落語協会副会長として、充実した活動を続けている。

 一方、「昭和の名人」、八代目正蔵は、弟子の林家木久扇の「彦六伝」などでのものまねもあって、現役時代を知らない人にも親しまれている。1月29日は命日にあたる(1982年・86歳)。

 八代目は1895(明治28)年生まれ。五代目古今亭志ん生より5歳年下だが、性格は一徹で、落語も口調…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです