メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

オイルやタイヤだけじゃダメ! 意外と知られていないクルマの消耗品と交換時期(前編)

情報提供:カートップ

オイルやタイヤだけじゃダメ! 意外と知られていないクルマの消耗品と交換時期(前編)

一般には馴染みのない消耗パーツが結構ある

 一台のクルマに使われている部品は、およそ3万点。交換不能なモノコックをはじめ、そのほとんどが経年劣化していく消耗品だ。燃料、タイヤ、オイル以外にも、定期的に交換する必要があるパーツがけっこうあるので、その主なものをピックアップしてみよう。

1)エアフィルター/エアコンフィルター

 吸入する空気と一緒にエンジン内にゴミやホコリが入らないようにするエアフィルターは、5万km(シビアコンディションならその半分)が交換の目安。放っておくと、吸入抵抗が増えて、燃費の低下やパワーダウンにつながる。似たようなものに(?)エアコンのフィルターもあるが、これは花粉除去タイプで3万km、脱臭タイプで1万5000kmごとの交換がおすすめ。

消耗品

2)ブレーキ関係

 ブレーキ関係も消耗品の多い部分。まずブレーキパッドは、摩擦材の残量が2mm以下になったら即交換。ブレーキ警告灯が点灯した場合も、残量が減っていることが多い。ブレーキフルードも劣化すると吸湿率が上がり、エアを噛みやすくなってタッチと効きが悪くなるので、車検ごとに交換するのが理想。

消耗品

 ローターも摩擦で薄くなっていくので消耗品。新品から2mmぐらい薄くなると要交換(ローター本体に使用限度の厚みが記されている)。ブレーキキャリパーのシール類の寿命も5年ぐらいなので、オーバーホールが必要。

消耗品

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです