メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

しばらく愛車に乗れないときは対策が必須! 大事なクルマを朽ち果てさせないために重要なポイント3つ

情報提供:カートップ

しばらく愛車に乗れないときは対策が必須! 大事なクルマを朽ち果てさせないために重要なポイント3つ

稼働させれば消耗するが不動状態が続いても調子を崩してしまう

 仕事や旅行などでしばらく愛車に乗ることができないというシチュエーションは意外とあるもの。もちろん、1週間や2週間程度であればそれほど気にすることもないだろうが、それが数カ月や年単位になってくると話は変わってくる。

 クルマというのも当然ながら機械であり、稼働させればさせるだけ消耗してしまうものではあるが、かといってまったく動かさないでいるとそれはそれで調子を崩してしまうという非常に気難しいもの。そこで今回は、長期間に渡って愛車に乗ることができない場合、少しでもコンディションの悪化を防ぐためにしておきたいことをご紹介しよう。

1)屋根のある風通しの良い場所に保管する

 いきなり難しい注文かもしれないが、直射日光を避けるというのはボディのコンディションをキープするためには大切なポイントだ。たとえば一方向からのみ日が当たるような場所に長期間置いておけば、日の当たる側だけ塗装が焼けてしまったり、ライトがくすんでしまったりする可能性もある。

メンテナンス

 また、屋外駐車の場合は砂ぼこりや雨などで車両が汚れてしまうが、その汚れが蓄積し、塗膜やボディ自体を蝕んでいく可能性もある。定期的に走行していればある程度風圧で流れたり飛んでいったりするのだが、動かさないと溜まる一方なのだ。

メンテナンス

 ボディカバーをかけるというのは一つの方法ではあるが、風でカバーとボディが擦れて傷がつく可能性もあるし、地面が土や砂利だった場合は、地面にしみ込んだ雨が蒸発するときにカバーの中にとどまってしまい、カバーの下が蒸れ蒸れとなる恐れがある。そのため、少々値は張るが通気性のよいものを選びたい。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです