メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

アカデミー賞、大転換? 候補作品に異変 コミック原作/動画配信映画/外国語白黒作品

アカデミー賞のノミネートを発表するクメイル・ナンジアニさん(左)とトレーシー・エリス・ロスさん=Todd Wawrychuk/(C)A.M.P.A.S.

 コミック原作、外国語の白黒作品、動画配信の映画--。2月24日に米ハリウッドで授賞式がある第91回アカデミー賞のノミネートに異変が起きた。これまでにない傾向の候補が選ばれたが、何があったのか。【ロサンゼルス長野宏美】

 パキスタン出身の男性コメディアンと黒人女優が軽妙な語り口で候補を読み上げていく。1月22日のノミネート発表は多様性を意識した改革を進めるアカデミー賞を象徴するようにマイノリティー(少数派)の2人が進行役を務めた。

 米映画界で最高の栄誉とされる賞だが、興行的な成功を収めた作品が高い評価を得るわけではない。だが、今…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです