メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

アカデミー賞、大転換? 候補作品に異変 コミック原作/動画配信映画/外国語白黒作品

アカデミー賞のノミネートを発表するクメイル・ナンジアニさん(左)とトレーシー・エリス・ロスさん=Todd Wawrychuk/(C)A.M.P.A.S.

 コミック原作、外国語の白黒作品、動画配信の映画--。2月24日に米ハリウッドで授賞式がある第91回アカデミー賞のノミネートに異変が起きた。これまでにない傾向の候補が選ばれたが、何があったのか。【ロサンゼルス長野宏美】

 パキスタン出身の男性コメディアンと黒人女優が軽妙な語り口で候補を読み上げていく。1月22日のノミネート発表は多様性を意識した改革を進めるアカデミー賞を象徴するようにマイノリティー(少数派)の2人が進行役を務めた。

 米映画界で最高の栄誉とされる賞だが、興行的な成功を収めた作品が高い評価を得るわけではない。だが、今…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです