メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

日本駆け込み寺代表・玄秀盛さん 光強ければ、影も濃く

玄秀盛さん

 東京・歌舞伎町で「日本駆け込み寺」の活動を始めて、今年で18年目や。いろんな人を、この街で見てきたなあ。

 昔の俺はほんと、守銭奴でね。当時は代々木(東京都渋谷区)のビルに事務所を構えて、金融、建設、探偵、人材派遣などと、六つくらい会社つくっとった。バブルのころの多い時で年商は20億円。債権取り立てや不動産ブローカー、ヤクザもんのケンカ仲裁とか、グレーな仕事もたくさんやった。旅行用の車輪付きのスーツケースに、現金2億円ぐらい詰めて持ち歩いとった。今から考えるとひどい話やが、困ってる人もずいぶん泣かせた。それでいて、銀座や赤坂で、一晩で80万円とか100万円使って豪遊したわ。

 俺は、大阪の西成で生まれ落ちて、親は離婚と再婚を繰り返して、おやじ、お袋と呼ばされたのがそれぞれ4…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです