メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2019

記事には実数を書いて=粥川準二(科学ライター)

 昨年12月27日、毎日新聞ウェブ版は、早野龍五・東京大学名誉教授らが福島県伊達市の住民の被曝(ひばく)を分析した論文で、本人の同意を得ていないデータが使われていることがわかり、東大が調査を始めたと伝えた。医療倫理上たいへん大きな問題で、これを報じたことは大いに評価されるべきだ。

 記事では、「線量を3分の1に過小評価していた」ので出版社に修正を要請したという早野氏のコメントが紹介されていた。これは同意の有無とは別の問題である。

 しかし実数が書かれていない。たとえば、実際には1年間で100ミリシーベルト被曝しているのに、論文で…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです