メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2019

記事には実数を書いて=粥川準二(科学ライター)

 昨年12月27日、毎日新聞ウェブ版は、早野龍五・東京大学名誉教授らが福島県伊達市の住民の被曝(ひばく)を分析した論文で、本人の同意を得ていないデータが使われていることがわかり、東大が調査を始めたと伝えた。医療倫理上たいへん大きな問題で、これを報じたことは大いに評価されるべきだ。

 記事では、「線量を3分の1に過小評価していた」ので出版社に修正を要請したという早野氏のコメントが紹介されていた。これは同意の有無とは別の問題である。

 しかし実数が書かれていない。たとえば、実際には1年間で100ミリシーベルト被曝しているのに、論文では30ミリシーベルトだけだと書かれているなら大ごとだ。伊達市民の生活に大きく影響するだろう。記事には雑誌名が書かれていないので、論文をすぐに確かめられなかった。今年1月9日ウェブ版の記事でも「3分の1」とあるだけだ。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです