メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原水爆禁止

署名、始まりの絵 両親の志継ぐ「連帯の力知って」 発祥の地、東京・杉並で娘ら展示

丸木位里、丸木俊 原爆の図第10部<署名>=1955年 原爆の図丸木美術館蔵

 1954年に起きた第五福竜丸事件を機に、「魚屋さん」から始まった原水爆禁止運動発祥の地・東京都杉並区で3月、原水爆禁止署名を描いた絵が初めて展示される。絵は、画家の丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻が共同制作した連作「原爆の図」の一つ<署名>。企画した区民の一人で署名を始めた鮮魚店夫妻の娘、竹内ひで子さん(76)は「一人一人が声を上げる連帯の力が社会を大きく動かすことを知ってもらいたい」と訴える。【竹内麻子】

 54年3月、米国の水爆実験でマグロ漁船・第五福竜丸の船員23人が被ばくし、マグロの汚染とともに連日…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです