メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原水爆禁止

署名、始まりの絵 両親の志継ぐ「連帯の力知って」 発祥の地、東京・杉並で娘ら展示

丸木位里、丸木俊 原爆の図第10部<署名>=1955年 原爆の図丸木美術館蔵

 1954年に起きた第五福竜丸事件を機に、「魚屋さん」から始まった原水爆禁止運動発祥の地・東京都杉並区で3月、原水爆禁止署名を描いた絵が初めて展示される。絵は、画家の丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻が共同制作した連作「原爆の図」の一つ<署名>。企画した区民の一人で署名を始めた鮮魚店夫妻の娘、竹内ひで子さん(76)は「一人一人が声を上げる連帯の力が社会を大きく動かすことを知ってもらいたい」と訴える。【竹内麻子】

 54年3月、米国の水爆実験でマグロ漁船・第五福竜丸の船員23人が被ばくし、マグロの汚染とともに連日…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1142文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです