特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊手術 聴覚障害夫婦が賠償求め国提訴 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
提訴後、手話で記者会見する原告の女性=大阪市北区で2019年1月30日午前10時18分、梅田麻衣子撮影
提訴後、手話で記者会見する原告の女性=大阪市北区で2019年1月30日午前10時18分、梅田麻衣子撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、聴覚障害のある大阪府内の女性(70代)が30日、夫(同)と共に、国に計2200万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。大阪市内で記者会見した女性は「障害を理由に不妊手術を受けさせるのは差別だ」と手話で訴えた。弁護団によると、旧法を巡る訴訟は全国7地裁で起こされており、聴覚障害者の提訴は4組目。

 訴状によると、夫婦はいずれも耳が聞こえず、70年に結婚。3年後に妊娠して帝王切開で出産したが、子どもは亡くなり、自身も高熱が続いて入院した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文581文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集