メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮古・山口小

台湾の児童生徒と交流 サクラマスの生態学ぶ /岩手

 宮古市立山口小学校(佐々木計校長)を28日、台湾の児童、生徒ら9人が訪れ、交流を深めた。学校の前を流れる山口川に生息する水生生物の観察が取り持った縁で、同小の児童たちは環境保全の必要性を改めて学んだ。

 日本・台湾森川海国際体験交流会として、佐々木剛東京海洋大教授らのグループが開催した。佐々木教授は毎年、宮古市内の閉伊川やその支流、周辺の海で環境、生物調査を実施。山口川でも…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです