メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8年目の再出発

南相馬市・仮設住宅終了/上 小高区に帰る、矢口謙介さん(86) 妻の介護、利便性に不安 /福島

 東京電力福島第1原発事故と東日本大震災で、南相馬市などの避難者に対する仮設住宅の提供が3月末で終了する。引っ越しの準備を進める住民の中には、避難指示が解除された地域の自宅やなじみの薄い土地で始まる生活に不安を抱く人も少なくない。南相馬市で最大のプレハブ仮設、牛越(うしごえ)仮設住宅を訪ね、課題や支援のあり方を考えた。

 「引っ越しは軽トラ運転して自分でやるよ」。原町区中心部の牛越仮設住宅に住む矢口謙介さん(86)は、2月に南相馬市小高区の自宅へ戻る予定だ。矢口さんにとって仮設住宅の閉鎖は、小高区に戻る「踏ん切りをつけるきっかけ」だという。提供期間のぎりぎりまで仮設住宅に住み続けたのは、妻の介護をするなか、交通の便がよくて買い物にも困らない原町区を離れることにためらいがあったからだ。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです