メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エボラ出血熱

理解深めて 大学教授招き講演会 成田空港 /千葉

 成田空港検疫所は25日、エボラ出血熱に関する知識と理解を深めてもらおうと、西アフリカの現地で活動した国際医療福祉大医学部の加藤康幸教授を招いて講演会を開いた。空港関係者ら約50人が参加し、エボラ熱への理解を深めた。

 昨年8月にコンゴ民主共和国東部で確認されたエボラ熱の流行を受け、今後起こりうる緊急事態に備えて実施した。

 加藤教授は2014年、エボラ熱が流行していた西アフリカのリベリアに2回にわたって渡航し、エボラ治療…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです