メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和女子大

三浦半島産の野菜を使い、学生が新メニュー 京急百貨店で期間限定販売 /神奈川

 昭和女子大(東京都世田谷区)の学生が三浦半島産のダイコンとキャベツを使ったメニューを開発し、京急百貨店(横浜市港南区)のレストランと総菜店で販売している。期間限定の試みで、産学の連携により学生たちが社会を知るとともに、三浦野菜の消費拡大と地産地消を目指す。

 メニューを考案したのは、生活科学部管理栄養学科の原正美准教授の講座「Do you 農 vegetables?」を受講する3年生24人。同科と健康デザイン学科に在籍し、管理栄養士や栄養士を目指す学生たちだ。

 若者の野菜離れが進んでいることから、JA全農かながわ、三浦市農協、JAよこすか葉山と協力。学生たち…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです