メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

墓マイラー見聞録

室生犀星 金沢・野田山墓地 文豪の気配、あちこちに /石川

野田山墓地にある室生犀星の墓。九重の塔は軽井沢から運ばれた=金沢市野田町野田山で、石川将来撮影

 2017年春に石川県へ赴任してから、金沢市出身の作家・室生犀星(むろおさいせい)の交友関係の広さに驚くことが多かった。芥川龍之介、川端康成、堀辰雄、立原道造、萩原朔太郎……日本文学を代表する顔ぶれが犀星の周りに集まった。前回取り上げた国文学者の折口信夫とも交流があったという。

 犀星の墓は、金沢市営野田山墓地にある。死去翌年の1963年、代表作「杏(あんず)っ子」のモデルとしても知られる、長女で作家の朝子さん(故人)が建立した。庭を愛した父親のために、庭を造る感覚でツバキを植えるなどした、20坪の墓所だ。

 「お墓は今の私の自宅より広い」と笑うのは、犀星の孫で室生犀星記念館(金沢市千日町)の室生洲々子・名…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1089文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです