メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
沼津市

19年度当初予算案 一般会計720億7000万円 頼重市長初編成「元気なまち実現を」 /静岡

 沼津市は29日、一般会計総額720億7000万円(前年度比0・9%増)の2019年度当初予算案を発表した。昨年就任した頼重秀一市長の初の予算編成。頼重市長は「『誇り高い、元気なまち沼津』実現のための予算。人に優しい人が中心なまちづくりを目指した」と述べた。

 過去3番目の規模で、7年ぶりに720億円を超えた。ただし消費増税の影響緩和のためのプレミアム付き商品券発行(10億円)を除けばほぼ例年並み。

 主な事業は、沼津駅周辺など中心市街地まちづくり戦略3143万円▽高尾山古墳の景観を配慮した道路デザ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文511文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです