メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別養子縁組

対象「15歳未満」 法制審部会案、虐待増で引き上げ

 虐待や貧困などで実親と暮らせない子のための特別養子縁組制度の見直しを議論していた法制審議会(法相の諮問機関)の部会は29日、対象年齢(原則6歳未満)を原則15歳未満に引き上げることを柱とする要綱案をまとめた。15~17歳でも一定の条件下で縁組を認めるほか、養親希望者の負担が重いとされる手続きルールの改定も盛り込んだ。

 対象を未就学児から小中学生にまで拡大して子の救済につなげるとともに、制度の利用促進を図るのが目的。…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです