メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイCFO

起訴 米中交渉、影響必至

 【ワシントン中井正裕】米司法省は28日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と、カナダ当局に逮捕された同社の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を米国の対イラン経済制裁に違反した詐欺罪などで起訴したと発表した。カナダメディアによると、カナダ政府は米政府から孟氏の身柄引き渡し請求を受理した。米政府は30日から始まる中国との閣僚級貿易協議とは切り離す立場を強調するが、起訴内容には米中貿易協議の主要テーマである中国による知的財産権侵害問題とも関連する内容が含まれ、交渉への影響は避けられないとみられる。

 司法省によると、ファーウェイは2007年、イランで事業を行う香港の子会社スカイコム・テックの株式を売却したとみせかけ、別のファーウェイ関連会社を通じて買収。孟氏は13年、スカイコム・テックとファーウェイとの関係を照会した金融機関に「スカイコム・テックとは無関係」と虚偽の説明をし、金融機関にイラン制裁違反の取引を行わせた罪に問われている。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです