メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ウソ、大ウソ、統計=福本容子

 <sui-setsu>

 昔、昔、大昔、インドにリトゥパルナという王様がいた。薬効があるという木の大枝に付いた実と葉っぱの数を知りたくなった。

 まず小枝に付いた実と葉を実際に数える。次に大枝が何本の小枝からなるかを数える。小枝の実と葉の数それぞれに小枝の本数をかけ、大枝2本分の数を推計した。実2095個、葉5000万枚。

 紀元前400年ごろの「マハーバーラタ」という叙事詩に記された話で、記録に残る最古のサンプル統計という。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです