メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ネット通販

業者7割「やめられぬ」 利用料に不満38% 公取委調査

 公正取引委員会は29日、インターネット通販の取引実態に関する調査結果を公表した。アマゾン・コム、楽天、ヤフーの大手3電子商取引(EC)サイトに利用が集中し、販売を「容易には取りやめられない」と答えた小売業者が7割に上った。公取委は3社が取引で優位に立ちやすいとみて、独占禁止法で禁じられた「優越的地位の乱用」とならないよう注意を呼びかけていく。

 調査は昨年、小売業者・メーカー計1208社と消費者2000人を対象に実施。ECサイトで商品を販売し…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文495文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです