メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

テレビの魅力は回復するか=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 大坂なおみ選手が26日に全豪オープンテニスで優勝し、アジア人で男女を含め初の世界ランキング1位となった。心から祝福したい。メルボルンでの決勝戦を多くの方がテレビ観戦したことだろう。同時にネットニュースでは、試合の速報が逐一更新され、大坂選手が優勝した瞬間に、スマートフォンのトップ画面に情報がアップされた。

 最近では、テレビとネットを組み合わせて情報を獲得するのは当たり前で、ドラマや音楽、スポーツなどを、いつ、どの媒体で見るかに視聴者の関心があり、放送や配信元がどこかは気にしていない。その意味では、放送と通信の融合はすでに進んでいるのだ。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです