メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

ベストセラー多い絵本賞大賞作品 中川ひろたかさんに聞く

絵本作家の中川ひろたかさん=金の星社提供

 1年間に国内で出版された絵本から優れた作品を選ぶ第24回日本絵本賞(全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催)が3月に発表される。作家にとって日本絵本賞は、どんな賞なのか。2004年度に、第10回日本絵本賞の大賞を受賞した絵本作家の中川ひろたかさんに聞いた。

 中川さんが作者の「ないた」(長新太・絵)が日本絵本賞大賞に選ばれると、読書感想文の題材になることが増えたという。中川さんは「現場の先生も、賞をとっている作品ということで安心して子どもたちに与えられるのでしょうね」と分析する。選ばれたことは、以後の創作活動の大きな励みになったという。「映画でいえばアカデミー賞、小説でいえば…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです