メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

児童文学作家・いとうみくさん(49) まだ見えぬ未来感じて

児童文学作家・いとうみくさん

 思春期の少女の繊細で危うい心理を描いた小説「トリガー」(ポプラ社)が昨年12月、刊行された。姉が亡くなってから生きる希望を見いだせない亜沙見と、彼女を支えようとする親友の音羽(とわ)が、暗闇を抜けて新しい道を選ぶまでを追った作品だ。創作に込めた思いを児童文学作家のいとうみくさん(49)に聞いた。【聞き手・椋田佳代】

 小学校低学年の頃からお話を書くのが好きでした。成長するにつれて遠ざかっていましたが、長男(22)が…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです