メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

児童文学作家・いとうみくさん(49) まだ見えぬ未来感じて

児童文学作家・いとうみくさん

 思春期の少女の繊細で危うい心理を描いた小説「トリガー」(ポプラ社)が昨年12月、刊行された。姉が亡くなってから生きる希望を見いだせない亜沙見と、彼女を支えようとする親友の音羽(とわ)が、暗闇を抜けて新しい道を選ぶまでを追った作品だ。創作に込めた思いを児童文学作家のいとうみくさん(49)に聞いた。【聞き手・椋田佳代】

 小学校低学年の頃からお話を書くのが好きでした。成長するにつれて遠ざかっていましたが、長男(22)が…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです