メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

昭和の誕生日 茨城県那珂市・鈴木冨美子(無職・92歳)

 女の子だからと誕生日を早められ悔しい思いをした人が多いようですが、私は遅れて籍を入れられ、大正15年生まれなのに昭和2年生まれになりました。

 誕生日の不思議に気づいたのは、戦地の兵隊さんに贈る千人針がきっかけです。鉄砲の弾に当たらないお守りとして、布に赤い糸で千個の玉留めをして、下絵のトラを埋めていくものです。トラ年生まれの人を除き玉留めは1人1個が決まりです。多くの人の手を借りるのはひと苦労でした。そんな時、母が「お前はいくつ縫ってもいいよ」と言ったので、私は本当はトラ年なん…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです