連載

Stand・by・you!そばにいるよ

相模原市の障害者施設で元職員が入所者ら46人を殺傷する事件が起き、障害者は不幸だと決めつけるような容疑者の供述が社会に衝撃を与えました。それでも福祉や介護、医療などの現場では、共生を願い、誇りとやりがいを持って当事者のそばに寄り添う人たちがいます。「Stand by you! そばにいるよ」では、これからを担う世代の奮闘を紹介していきます。

連載一覧

Stand・by・you!そばにいるよ

途上国医療の質、向上に寄り添う 国際保健医療協力に従事する看護師・五十嵐恵さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際保健医療協力に従事する看護師の五十嵐恵さん=ベトナム・ハノイで11日、本人提供
国際保健医療協力に従事する看護師の五十嵐恵さん=ベトナム・ハノイで11日、本人提供

五十嵐恵さん(40)

 昨年5月にベトナムへの2年間の長期派遣から戻った。今年も立て続けに3度の海外出張があり、多忙な日々を送る。

 勤務先は国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の国際医療協力局。名称からは「国境なき医師団」のような救命活動をイメージしがちだが、彼女が主に担うのは、途上国の医療人材育成や医療の質の向上といった制度作りだ。

 2013年、国際協力機構(JICA)の専門家として初めてカンボジアに派遣された際は、国立病院の新生児室のケア向上を任された。毎日のように赤ちゃんが亡くなり「命の重さが国によって違う」という現実。家族が不慣れな手つきで人工呼吸のバッグを使うのを見かねて操作を代わると、スタッフから「あなたがいると家族が決断できない」と注意されたりもした。皆で議論を重ねて作った家族向けのケアの冊子は、今も活用されてい…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文598文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集