メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 就学、KIBOUの懸け橋 言葉・文化・いじめ、不安を解消 愛知・西尾

 日本に住民登録しながら義務教育を受けていない外国人の中には、教育環境に不安を感じて就学に踏み切れない子どももいる。愛知県西尾市は、支援教室「KIBOU」を経て小中学校への就学を目指す独自の取り組みを展開し、数十人以上の就学につなげた。担当者は「不就学児と学校を結ぶ懸け橋として希望を与えられる場所にしたい」と話す。【奥山はるな】

 西尾市には、人口の約5%にあたる約9400人の外国籍の住民が暮らす。1990年の入管法改正後、自動…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1244文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです